RISTEXとは

 社会技術研究開発センター(RISTEX)は、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の一組織で、21世紀の人類・社会が直面する重要な問題(環境・エネルギー、少子高齢化、安全安心、医療・介護など)を解決するために役立つ成果を創り出すことを目指して研究開発・支援を行っています。
 研究開発から生み出される成果や技術を、社会で実際に有効に活用できるものとして還元することにより、人々の生活を幸福で豊かにすることを目指しています。


■ RISTEXの研究開発の特色

 RISTEXは、社会の具体的な問題の解決を通して、新しい社会的・公共的価値および経済的価値を創り出すことを目指しています。社会技術の研究開発を推進するにあたり、研究者と社会の問題解決に取り組む「関与者」(ステークホルダー)が協働するためのネットワーク構築を支援し、自然科学だけでなく人文・社会科学の知識をも活用した研究開発に取り組んでいます。
 では、「社会技術」とはそもそも、どのようなものでしょうか。平成12 年、当時の科学技術庁が設置した「社会技術の研究開発の進め方に関する研究会」(座長:吉川弘之・日本学術会議会長<当時>)が取りまとめた提言(「社会技術の研究開発の進め方について」)に基づき、RISTEXでは「社会技術」を下記のように捉えています。

「社会技術」とは

「自然科学と人文・社会科学の複数領域の知見を統合して新たな社会システムを構築していくための技術」※であり、社会を直接の対象とし、社会において現在存在しあるいは将来起きることが予想される問題の解決を目指す技術
※ 「社会技術の研究開発の進め方について」(平成12年12月「社会技術の研究開発の進め方に関する研究会」(座長:吉川弘之・日本学術会議会長<当時>))



 RISTEXでは、研究者・関与者の連携による分野横断的な研究、また自然科学だけでなく人文・社会科学双方に渡る広い分野の知見あるいは方法に立脚した地域における実践を、方法論の構築とともに強力に進める研究開発を重視しています。

RISTEXの重視する研究開発
  • 社会の具体的な問題を解決するための研究開発であること。
  • 従来の個別分野では対応しきれない問題に対し、人文・社会科学、自然科学にわたる科学的知見を用いて、方法論の構築・現場における実践を行い、現状を変えていこうとする、分野横断型の研究開発であること。
  • 研究者だけでなく、現場の状況・問題に詳しいさまざまな立場の「関与者」と連携し、具体的な現場における社会実験を行い、PDCAサイクルを徹底し、問題解決に役立つ新しい成果を創り出す研究開発であること。
  • 研究開発から得られる具体的な成果を、社会に還元し、実用化(実装)することを強く意識した研究開発であること。
※PDCAサイクル・・・計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)のプロセスを順に実施しながら品質の維持・向上および継続的な業務改善活動を推進するマネジメント手法


 上記の考え方に基づいて、「研究開発領域」(取り組むテーマ)やプログラムを設定し、研究開発や実装活動を推進しています。詳しくは「事業の概要」をご覧ください。