研究開発成果実装支援プログラム【公募型】

RISTEXは、社会の問題解決に資する研究開発成果の社会実装活動を支援するために、「公募型」(平成19年度開始)、「成果統合型」(平成25年度開始)の2つのプログラムを設定しています。

プログラムの構成

プログラム総括:冨浦 梓(東京工業大学 元監事)

実装支援プログラムは研究開発の成果を社会に届ける仕組み

冨浦 梓

■成功の秘訣は研究‐開発‐実証‐普及を一貫して行うこと
近年の科学技術の進歩は著しく、多大の成果が得られていますが、その多くは活用されることなく、知の貯蔵庫で眠り続けています。人の知的営みの中で生まれた成果を研究(Research)の段階で終わらせず、開発(Development)、実証(Demonstration)、さらには、普及(Diffusion)に至るRDDDが一貫して行われる仕組みがなければ、せっかくの知的成果を人々や社会のために活用することはできないのです。

■失敗の要因は研究開発と実証の断絶にある
社会のための研究開発は、大学や研究開発機関が行うことが多く、その成果の有効性が目に見える形で実証されない限り、受益者である市民は研究開発の成果を享受するための資金投入を躊躇してしまいます。その結果、研究開発とそれに続く実証が断絶しRDDDが完結しないのです。

■実装支援によって死の谷を渡る
研究者は自分の研究成果を実際に役立てたいと思い、社会の人々も研究開発成果を利用したいと思っています。両者の願望をかなえるには、研究開発と実証の谷間―死の谷―を渡り、研究開発の成果を目に見える形にして提示し、受益者が躊躇なく資金投入の決断ができる仕組みを作ることが不可欠です。この仕組みがまさに、実装支援プログラムです。実装支援の概念を左下に示しました。実装支援がないと研究開発の速度が遅くなるとともに、場合によっては、失速してしまうことに注目してください。

■実装活動は市民との共同作業
実装支援プログラムでは研究開発は終了し、成果が存在していることが大前提となります。実装活動は市民との共同作業ですから、誰が受益者であり、何が目的であり、どのような方法で目的を達成し、どのような効果をいつまでに実現するかが明確でなければなりません。

■協力者を受け入れる柔軟さ
社会実装を行っていく上では、他分野の研究者、技術者、現場経験者、受益者などの協力を臨機応変に要請する柔軟さと組織体制が必要です。協力者なしに「死の谷」を渡ることはできません。

■普及への足掛かりを構築する
このプログラムは普及までを対象にしていませんが、実装が定着し社会における自律的運営がなされた場合、成功事例として全国に普及していくことが期待されます。

■実装支援を受けることができる機関
実装支援を受けることができる機関は民間企業、各種団体、NPO、大学、研究機関など主体を問いません。プロジェクトの支援期間は1年以上3年以内です。これにより、研究開発成果の社会への適用を迅速化し、研究者の社会的役割の強化と研究開発組織の基盤が充実し、研究開発成果の社会への普及と定着が確実に実現することが期待されます。


プログラム

中間
活動報告書評価報告書
   

実装活動

 研究開発実施報告書終了報告書事後評価報告書追跡調査報告書
初年度2年度3年度
平成26年度採択
脳活動画像化装置による認知症予防プログラムの社会実装 田中 美枝子(株式会社脳機能研究所 研究本部 主任研究員) PDFファイルが開きます   -      
聴覚障害高校生への遠隔パソコン文字通訳での授業支援 玉田 雅己(特定非営利活動法人 バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター 代表理事) PDFファイルが開きます          
旅行者と地域との共生に資する観光プランの作成支援技術の基盤化と社会実装 原 辰徳(東京大学 人工物工学研究センター 准教授) PDFファイルが開きます          
発達障害者の特性別評価法(MSPA)の医療・教育・社会現場への普及と活用 船曳 康子(京都大学大学院 人間・環境学研究科共生人間学専攻認知行動科学講座 准教授) PDFファイルが開きます          
エビデンスに基づくスクールソーシャルワーク事業モデルの社会実装 山野 則子(大阪府立大学 人間社会学部 教授) PDFファイルが開きます          
平成25年度採択
ドライバーの居眠り事故防止のための睡眠時無呼吸症スクリーニングの社会実装 谷川 武(順天堂大学 大学院 医学系研究科公衆衛生学 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます        
高齢者の生きがい就労システムの社会実装 辻 哲夫(東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます        
高層ビル耐震診断に基づく帰宅困難者行動支援システムの社会実装 三田 彰(慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます        
手指麻痺者の日常生活支援のためのパワーグローブの社会実装 諸麥 俊司(中央大学 理工学部 准教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます        
平成24年度採択
発達障害の子どもへの早期支援のための「気づき」・診断補助手法の実装 片山 泰一(大阪大学大学院 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学 連合小児発達学研究科 教授、科長) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます      
学校などにおける犯罪の加害・被害防止のための対人関係能力育成プログラム実装 小泉 令三(福岡教育大学 大学院教育学研究科教職実践講座 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます      
優良盲導犬の効率的育成と普及率の向上 鈴木 宏志(帯広畜産大学 原虫病研究センター 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます      
津波堆積物の地球化学的判別による沿岸地域のリスク評価と社会的影響の予測 土屋 範芳(東北大学大学院 環境科学研究科 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます      
環境負荷の低減に資する持続的農業生産システムの実装 林 正浩(静岡大学イノベーション社会連携推進機構 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます      
分散型エネルギーの利用促進と農山村地域環境ビジネスの創出 両角 和夫(東京農業大学総合研究所 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます      
 研究開発実施報告書終了報告書事後評価報告書追跡調査報告書
初年度2年度3年度
平成23年度採択
急性白血病の早期診断を目的とした誘電泳動による細胞検出・同定法の臨床応用 今里 浩子(一般財団法人ファジィシステム研究所 主任研究員) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
女性の尿失禁予防・改善を目的としたサポート下着の社会実装 岡山 久代(滋賀医科大学 医学部 准教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
視野障害者自立支援めがねの社会実装 下村 有子(金城大学 社会福祉学部 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
肢体不自由者のための自動車運転支援システムの社会実装 和田 正義(東京農工大学 工学研究院 准教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
平成23年度(東日本大震災対応・緊急)
応急仮設住宅の生活環境改善のための統合的実装活動プログラム 丹波 史紀(福島大学 行政政策学類 准教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクト 中井 裕(東北大学 大学院農学研究科 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
震災地域の重金属等土壌汚染評価 土屋 範芳(東北大学 大学院環境科学研究科 教授 ) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
大型マイクロバブル発生装置による閉鎖海域の蘇生と水産養殖の復興 大成 博文 (徳山工業高等専門学校 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
東日本大震災被災者と救援支援者における疲労の適正評価と疾病予防への支援 吉田 俊子(宮城大学 看護学部 学部長/教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
無水屎尿(しにょう)分離トイレの導入による被災地の衛生対策と災害に強い都市基盤の整備 清水 芳久(京都大学 大学院工学研究科 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
平成22年度採択
WEBを活用した園児総合支援システムの実装 (安梅 勅江 筑波大学 人間総合科学研究科 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
首都直下地震に対応できる被災者台帳を用いた生活再建支援システムの実装 (田村 圭子 新潟大学 危機管理室 教授)※平成24年6月1日付で、実装責任者を林春男氏から田村圭子氏に変更しました。 PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
医学的機能評価に基づく高齢者の排尿自立支援 (本間 之夫 東京大学 医学部附属病院 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
障がい者のための食事支援ロボットの社会実装 (矢野 賢一 三重大学 大学院工学研究科 教授) 実装活動中止
農作物の光害を防止できる通学路照明の社会実装 (山本 晴彦 山口大学 農学部 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
 研究開発実施報告書終了報告書事後評価報告書追跡調査報告書
初年度2年度3年度
平成21年度採択
発達障害の子どもと家族への早期支援システムの社会実装 (神尾 陽子 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所児童 思春期精神保健研究部 部長) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
英虞湾の環境再生へ向けた住民参加型の干潟再生体制の構築 (国分 秀樹 三重県水産研究所 鈴鹿水産研究室 主任研究員) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
高齢者転倒事故防止のための移動能力評価システムの社会実装 (塩澤 成弘 立命館大学 スポーツ健康科学部 准教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
震災後の建物被害調査と再建支援を統合したシステムの自治体への実装 (田中 聡 富士常葉大学 大学院環境防災研究科 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
家庭内児童虐待防止に向けたヒューマンサービスの社会実装 (中村 正 立命館大学 人間科学研究所 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます  
平成20年度採択
高齢者ドライバーの安全運転を長期間継続可能にする支援システムの社会実装 (伊藤 安海 独立合成法人国立長寿医療研究センター 室長) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます
サハリン沖石油・天然ガス生産に備える市民協働による油汚染防除体制の構築 (後藤 真太郎 立正大学 地球環境科学部 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます
国内森林材有効活用のための品質・商流・物流マネジメントシステムの社会実装 (野城 智也 東京大学生 産技術研究所 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます
物流と市民生活の安全に貢献するトレーラトラック横転限界速度予測システムの社会実装 (渡邉 豊 東京海洋大学 海洋工学部 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます
平成19年度採択
効率的で効果的な救急搬送システム構築 (大重 賢治 横浜国立大学 保健管理センター 教授) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます - PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます 
津波災害総合シナリオ・シミュレータを活用した津波防災啓発活動の全国拠点整備 (片田 敏孝 株式会社 アイ・ディー・エー 社会技術研究所 取締役・研究所長) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます - PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます
油流出事故回収物の微生物分解処理の普及 (小谷 公人 大分県産業科学技術センター 主幹研究員)※実装責任者であった斉藤 雅樹氏が異動のため、平成23年4月付で、責任者を小谷 公人氏に変更しました。 PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます - PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます
投薬ミス・薬害防止のための、臨床事例を中核とした医療従事者向け情報交換・研修システムの実装 (澤田 康文 特定非営利活動法人 医薬品ライフタイムマネジメントセンター 理事・センター長) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます - PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます
e-ラーニングを核とする多様な学習困難に対応した地域単位の学習支援ネットワークの構築 (正高 信男 特定非営利法人発達障害療育センター 理事長) PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます - PDFファイルが開きます PDFファイルが開きます