OUTLINE

領域概要

研究開発領域の目的

「人と情報のエコシステム」は、科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)から発信する公募型研究開発領域です。ビッグデータを活用した人工知能、ロボッ ト、IoTなどの情報技術の急速な進歩によ り、より豊かで効率性の高い社会が実現され るとの期待が高まっている一方、情報技術は 様々な問題をもたらしうるとの指摘もなされ 始めています。 本研究開発領域では、それらの問題に適切に 対処していくために、情報技術を人間を中心 とした観点で捉え直し、社会の理解のもとに 技術と制度を協調的に設計していくための研 究開発を推進し、情報技術と人間のなじみが とれた社会の実現を目指します。

  1. 情報技術がもたらしうる変化(正負両面)を把握・予見し、アジェンダ化することで、変化への対応方策を創出する
  2. 情報技術の進展や各種の施策に対し、価値意識や倫理観、また現状の制度について検討し、今後の社会で望まれる方向性や要請の多様な選択肢を示す

    1、2のような問題の抽出、多様なステークホルダーによる規範や価値の検討、それらに基づく提示や提言までをサイクルとみなし、その確立のための研究開発を行います。また、このような社会と技術の望ましい共進化を促す、共創的なプラットフォームを構築することを目指し、その機能のために必要な技術や要素も研究開発の対象とします。

研究開発のアウトプット

領域全体として領域終了後には、技術と社会の共進化プラットフォームを構成する、以下の1~5の具体的なアウトプットが創出されることを想定しており、研究開発プロジェクトはこれらのアウトプットへの貢献が期待されます。なお、これらは現時点でのアウトプットの想定であり、これらのうちの複数のアウトプットに関わるものや、ここにあげられていないアウトプットに取り組むことは十分想定されます。

情報技術の開発に社会的要請をフィードバックするための方法論

1

情報技術に対する多様な人々の評価を情報技術の人間中心設計に反映させるための方法論の開発。他の競争的資金にて具体的な情報技術を開発しているなど、フィールドに即した協働の試みに基づいて方法論が抽出されることが望ましい。

リテラシー向上のための方法論

2

情報技術が浸透する社会における、市民・ユーザー・ビジネスモデル設計者・政策担当者などの情報技術利活用のリテラシーと情報技術開発者の社会リテラシーを向上させるための基盤開発。言語を使用した伝達のみならず、アートやゲームなど非言語を用いた方法論も検討の対象とする。

技術進歩に政策立案者やビジネスモデル設計者が対応して制度設計・マネジメントを行う仕組み

3

情報技術開発のスピードに対応した制度設計を行うための仕組みの開発。イノベーションを阻害しないための制度設計の仕組みの開発。

技術と社会の対話に参加する人材のコミュニティ

4

技術と社会の共進化のための対話に参加しうる人材の組織化。

技術と社会の対話の共通基盤となる概念の構築

5

情報技術と人間・社会の共進化を検討する上で必要とされる概念の構築。情報技術開発者、人文・社会科学者・情報技術利用者(潜在的ユーザー含む)・ビジネスモデル設計者・政策担当者などの対話を促進するための概念や共通言語の形成。