2017.10.26

11/25(土)サイエンスアゴラ2017 「人工知能(AI)との共生 人間の仕事はどう変化していくのか?」

Category

人工知能(AI)との共生 人間の仕事はどう変化していくのか?
日時:2017年11月25日(土)13:30 〜 15:00
場所:テレコムセンター 8F会議室A

■概要
人工知能(AI)の進化は、私たちの生活を大きく変えると言われています。AIは、高品質な医療サービスの提供や製造現場での生産効率の向上など、私たちの生活に多くの恩恵をもたらしてくれると期待されます。その一方で、将来AIが人間にとって代わり、多くの仕事を代替するようになるといった予想もあり、不安に感じる方も多いかもしれません。

本企画は、人工知能を専門とする研究者や人文社会科学系の研究者など、人工知能に関連して第一線で活躍されている先生方をお招きし、人間の暮らしに最も密接なものの1つである「仕事」を中心にトークセッションを行います。十数年後、AIの進化によって私たちの暮らしはどのように変わるのでしょうか。AIとの共生のなかで、私たち人間が担う仕事とはどのようなものでしょうか。さらに、来るAI社会を想像し、その時代を生きるために今できること、身につけるべき「力」について、登壇者、参加者の垣根を越えて会場全体で考えます。

参加にあたって、専門知識は不要です。「AIに関心はあるけど、よく分からない」という皆さん、将来の仕事について思いを馳せる若い皆さん、さまざまな方のご参加をお待ちしています。登壇者、タイムテーブル等の詳細はHP(http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/132/)をご覧ください。

■会場
テレコムセンター 8F会議室A

■定員
先着200名(参加費無料)

■サイエンスアゴラとは
JSTでは、サイエンスアゴラという科学コミュニケーションの場を毎年設けています。今年は、11月24日(金)~26日(日) に、東京・お台場 テレコムセンタービルにて開催します。サイエンスアゴラとは、あらゆる人に開かれた科学と社会をつなぐ広場の総称です。サイエンスアゴラは、異なる分野・セクター・年代・国籍を超えた関係者をつなぎ、さまざまな人たちが各地で主体的に推進する活動の広場です。この広場に集まる人たちが多様な価値観を認め合いながら、対話・協働を通じて、これからの「社会とともにある科学」と「科学とともにある社会」の実現を目指します。その他、詳細はHP(http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/)をご覧ください。