2018.02.13

3/23(金)「不便益システム」シンポジウム開催

Category

「人と情報のエコシステム(HITE)」研究開発領域
不便益システムシンポジウム
日時:2018年3月23日(金) 13:30-17:00
場所:キャンパスプラザ京都 2Fホール

■概要
計測自動制御学会「部門連携・活性化委員会」の下位組織(以前は先端融合システムズアプローチ創出委員会の下位組織)である不便益WGが主催する不便益システム研究会で、2012年7月から2ヶ月に一度ほどのペースで不便益に関係する話題を提供しあい、議論しています。今回は、その特別編として、不便益システムシンポジウムを開催いたします。

photo

■プログラム

13:30 - 13:55 川上浩司(京都大学)「不便益概要」
13:55 - 14:20 泉朋子(大阪工業大学)「不便益の実験的検証(観光ナビを題材に)」
14:20 - 14:45 大島裕明(兵庫県立大学)「不便なレストラン評判情報検索」
14:55 - 15:00  休憩
15:00 - 15:25 山本祐輔(静岡大学)「衰えたのは便利さが理由?情報アクセスリテラシー診断とその結果」
15:25 - 15:50 山本岳洋(京都大学)「そのウェブ検索,本当に十分調べましたか?~アルゴリズムとインタフェースからのアプローチ」
15:50 - 16:15 竹村匡正(兵庫県立大学)「医療現場における不便益の実験的検証」
16:15 - 17:00 ワーク 「実験的検証に適したフィールドと実験方法」

■お申込み
参加費無料
メールにてお申込ください。 kawakami[at]design.kyoto-u.ac.jp

■共催
JST RISTEX HITE プロジェクト企画調査,SICE 部門協議会 不便益システムWG