本文へスキップ

  1. JST トップ >
  2. RISTEX トップ >
  3. 持続可能な多世代共創社会のデザイン >
  4. 羊と共に多世代が地域の資源を活かす場の創生

プロジェクト紹介羊と共に多世代が地域の資源を活かす場の創生

研究代表者

金藤 克也

一般社団法人さとうみファーム 代表理事
(研究開発期間:平成27年10月~平成30年9月)

金藤 克也 一般社団法人さとうみファーム 代表理事

プロジェクトの概要

東日本大震災の被災地の中には過疎高齢化が加速し、一次産業を中心とした地域の主要産業の衰退や若い世代の流出が大きな問題となっている地域がある。復興支援策によりさまざまな取り組みがなされているものの、一次産業の後継者不足の解消や若い世代に魅力ある雇用の創出には至っておらず、新たな視点の取り組みが求められている。

本プロジェクトでは、羊の牧場を核として地域の人々が協働し、高齢者の有する伝統技術や主産業の問題を新たな製品開発に活かす取り組みを宮城県南三陸町で行う。これらを通じて多様な雇用を創出し、子どもから高齢者、障害者など、多世代・多様な人々が役割を持ってコミュニティに参画し、自然との共生を図りながら新たな伝統や技術を生み出していく、持続可能な地域のモデル構築を目指す。

羊と共に多世代が地域の資源を活かす場の創生

研究開発に協力する関与者

・宮城大学 食産学部
・宮城大学 事業構想学部
・帝京科学大学 生命環境学部

プロジェクト紹介