本文へスキップ

  1. JST トップ >
  2. RISTEX トップ >
  3. 持続可能な多世代共創社会のデザイン >
  4. 多世代哲学対話とプロジェクト学習による地方創生教育

プロジェクト紹介多世代哲学対話とプロジェクト学習による地方創生教育

研究代表者

河野 哲也

立教大学文学部 教授
(研究開発期間:平成28年10月~平成29年9月)

河野 哲也 立教大学文学部 教授

プロジェクトの概要

地方の衰退の背景には、地域の産業の可能性を認識しその開花・実現を担っていくような人材が地域で育成できていない状況がある。一方、地域に雇用機会が少ないために、人材が大都市圏に流出している。持続可能性のある地域社会を創生するためには、地域資源の活用に関する教育を充実させ、これと地域の産業との好循環を作り出す必要がある。

本プロジェクトでは、地域の学校、図書館、研究機関が連携し、持続可能な地域づくりのため、「哲学対話」を子どもを交えて実施する。哲学対話とは、先入観にとらわれず相互理解・価値創出・合意形成に向けて徹底的に意見交換する手法である。さらにこの哲学対話を踏まえて実際の社会の文脈における課題解決に向けたプロジェクトを設定し、その実施を大人が支援する。これらを通じて「地方創生教育」のモデルケースの創出を目指す。

多世代哲学対話とプロジェクト学習による地方創生教育

研究開発に協力する関与者

・東京大学 大学院総合文化研究科
・上智大学 文学部
・東北大学 文学研究科
・岩手大学 教育学部
・岩手県立 図書館
・特定非営利活動法人グローカルアカデミー  ほか

プロジェクト紹介