本文へスキップ

  1. JST トップ >
  2. RISTEX トップ >
  3. 持続可能な多世代共創社会のデザイン >
  4. イベント情報 >
  5. 開催報告

イベント・トピックス公開シンポジウム「多世代による地域資源のつなぎなおしと文化多様性―SDGsの実現に向けて―」 開催致しました

【御礼とお詫び】

 2018年3月2日に京都国立博物館で開催したシンポジウム「多世代による地域資源のつなぎなおしと文化多様性-SDGsの実現に向けて-」におきましては、多くの皆様から貴重なご意見をいただくことができました。厚く御礼を申し上げます。

 このシンポジウムにおいて、大南信也様の基調講演とパネルディスカッションの中での岩井克巳様のご発言の際に、あらかじめご用意いただいた発表データの一部が再生できずに終わってしまうという深刻な不手際がありました。

 せっかくご用意いただいたお二人に対しても、またお二人の説明を期待しておいでいただいた参加者の皆様にも大変申し訳ないことになったと、主催者として深く反省し、心からお詫び申し上げます。

 二度とこうした事態を起こしてはいけないとの観点から、原因の究明に努めたところ、
 ①用意した2台のPCのうち1台に不具合があり、残りの1台にデータを集約する作業をしたこと、
 ②進行上の都合から、直前に個別の発表データを進行順に統合して巨大なファイルを作成したこと、
 ③この二つの作業に時間をとられたことから、この統合ファイルも含め、事前の再生確認が十分になされていなかったこと、
 の三点が重なってこうした事態に至ったことが判明しました。

 もとよりこのような理由で再生不能に陥ることは、あってはならないことで、今後は様々な可能性に備えたバックアップの準備等をするとともに、事前に必ず同じファイルを同じ動作環境で再生確認をするということを徹底して参ります。

 今回、当日再生できなかった部分を、できる限り忠実に皆様にご覧いただけるようにすべきとの観点から、ウェブサイトへの資料掲載に際し、以下のような対応をしております。

(1)大南様の基調講演につきましては、神山町への移住の状況が紹介されていましたが、その内容をまとめた以下のホームページへのリンクを張っております。
    http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3746/1.html

(2)岩井様のパネルディスカッションの中でのスライドショーにつきましては、スライドを他資料と一緒に掲載しております。

 ご迷惑をお掛けした皆様に心からお詫び申し上げるとともに、今後とも当領域へのご鞭撻・ご協力をお願い申し上げます。

平成30年3月  
科学技術振興機構社会技術研究開発センター  
「持続可能な多世代共創社会のデザイン」領域  
領域総括  大守 隆  




【開催概要】

日時:平成30年3月2日(金)13:00-17:30
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂

開催案内リーフレット(PDF:1,665KB)
パンフレット(PDF:24,486KB)

 


【プログラム・当日発表資料】

イベント・トピックス