キックオフシンポジウム「自律性の検討に基づくなじみ社会における人工知能の法的電子人格」開催

日時:2017年11月22日(水)13:00 〜 16:15(参加費無料)
場所:銀座松竹スクエア13F セミナールーム

詳細はこちら。

将来の人工知能やロボットはある種の自律性を有し、設計者が予測できない行動をする可能性があります。このような状況に対し、現在の法制度では設計者か利用者が過度な法的責任を負わされる恐れがあり、健全な科学技術の進展が阻害される可能性があります。

そこで本プロジェクトでは、自律的な人工知能に対する法人格論の分析を通じて、人工知能の法的取扱モデルを考案します。さらに、既存の責任理論の問題点を指摘し、リーガルビーイングズ (Legal Beings) としての人工システムに対する新たな制度を提案します。

詳細はこちら。