日仏国際会議2016 :Innovation Beyond Technique

CNRS・EHESS日仏財団・JST RISTEX共催で公開フォーラムを開催。

▶ Click here for ENGLISH version

Innovation Beyond Technique

 「イノベーション」は、過去から現在まで経済・社会の発展と繁栄の原動力として語られています。19世紀には「進歩」として、1960~70年代においては「成長」として、そして今も、主に「技術」に立脚して社会の発展と幸福の主たる源泉であると理解されていると言えます。
 しかしながら、情報技術や生命科学技術の急速な進展、新しい金融・経済システムの出現、グローバリゼーションの変容など、可能性と不確実性・リスクが多様化している今日、複雑な社会問題の解決に資するイノベーションの創出においては、「技術」以外の要素や方法・アプローチの重要性が再認識されています。例えば、社会の多様な関与者の対話・協働によって健全なイノベーションを促進する「責任ある研究・イノベーション」(Responsible Research Innovation: RRI)は、EUのHorizon2020でも採用されているアプローチであり、また、多くの国の科学技術イノベーション政策において人文・社会科学分野の役割の重要性が強調されています。
 このオープンフォーラムでは"Innovation Beyond Technique"と題し、科学技術と人間、文化、社会の相互作用にもとづくイノベーションの創出に向けて、イノベーションの過去・現在・未来、そしてこれからのあり方について考えるべき視点を論じます。

*JSTとEHESSは2015年6月に包括的協力覚書(MoC)を締結いたしました。
本フォーラムは、当該覚書に基づく協力の一環として開催するものであり、「日仏イノベーション年」の取組のひとつとして位置づけられています。

FRANCE JAPAN INNOVATION YEAR

開催概要

日時  2016年9月12日(月) 14:00~17:30 (受付13:30~)
会場  東京大学 弥生講堂一条ホール (東京都文京区弥生1-1-1 農学部内)
アクセス  東京メトロ 南北線「東大前駅」徒歩1分、千代田線「根津駅」徒歩8分
 http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html
使用言語  英語(日本語同時通訳あり)
参加費  無料
主催  国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)
 フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)日仏財団
 フランス国立科学センター(CNRS)
後援  ベルリン日独センター、公益財団法人東芝国際交流財団、公益財団法人サントリー文化財団 (ほか申請中)

開催概要


JST
RISTEX
EHESS Paris 日仏財団
cnrs
jdzb ベルリン日独センター
TIFO Toshiba International Foundation
SUNTORY FOUNDATION

プログラム

14:00~14:10 開会
14:10~14:45 基調講演1
村上 陽一郎
東京大学、国際基督教大学 名誉教授

「科学・技術と社会 ― 歴史的展望」

14:45~15:10 基調講演2
原山 優子
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 議員

「科学技術イノベーションと社会: Society5.0を目指す」

15:10~15:35 基調講演3
レオニダス・カラピペリス
駐日EU代表部、科学技術部長

「責任ある研究・イノベーション(RRI)の実現: Horizon2020における重要な横断的課題として」

15:35~15:55 休憩
15:55~17:25 ディスカッション
モデレーター:
 藤垣 裕子 東京大学大学院 総合文化研究科 副研究科長・教授
ディスカッサント:
 村上 陽一郎 東京大学、国際基督教大学 名誉教授
 原山 優子 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 議員
 レオニダス・カラピペリス 駐日EU代表部公使参事官、科学技術部長
 小林 傳司 大阪大学 理事・副学長
 セバスチャン・ルシュヴァリエ EHESS 教授、日仏財団 理事長
 (ほか調整中)
17:25~17:30 閉会

※プログラムは予定であり、変更となる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

参加申し込み

お問い合わせ

CNRS-EHESS/FFJ-JST/RISTEX 日仏国際会議2016事務局
科学技術振興機構(JST) 社会技術研究開発センター(RISTEX)
E-mail:frjp.intercon●jst.go.jp