第3回国連防災世界会議 パブリックフォーラム内シンポジウム 報告

第3回国連防災世界会議 パブリックフォーラム内シンポジウム 「災害に強くしなやかな社会の創造を目指して ~防災研究の新たなパラダイムとファンディング機関の役割~」開催報告


■日時:平成27年3月18日(水) 13:30~17:30

■会場:東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 601大会議室

JSTでは様々なハザードに対する防災に関わる研究開発を継続的に支援し、東日本大震災以後も、復興促進センターの設立や被災地における科学コミュニケーションの実施などにより、防災・減災分野において活動を展開してきました。
本シンポジウムでは、これまでJSTが各事業で取り組んできた研究開発・社会実装の取り組みや成果を紹介して総括するとともに、今後の防災研究の捉え方をふまえ、ファンディング戦略の方向性などについて議論しました。

当日のプログラムと発表資料

当日のプログラム発表資料
(1)開会挨拶
中村 道治(JST理事長)
-
(2)JSTの防災研究開発事業の俯瞰
泉 紳一郎(JST経営企画部重点分野推進チーム社会技術・社会基盤分野 研究監/社会技術研究開発センター長)

(PDF:302KB)

(3)研究開発成果の紹介
【予防】高分解能数値シミュレーションの連携とデータ同化による革新的地震・津波減災ビッグデータ解析基盤の創出
越村 俊一(東北大学災害科学国際研究所 教授)

(PDF:5044KB)

【予防】フィリピン地震火山監視強化と防災情報の利活用推進
井上 公((独)防災科学技術研究所 総括主任研究員)

(PDF:3215KB)

【予防】超高時空間分解能を有するリアルタイム降雨予測技術の研究開発
大石 哲(神戸大学自然科学系先端融合研究環 都市安全研究センター 教授)

(PDF:792KB)

【応急・復旧】災害現場における救急救命用スタンドレス輸液装置の開発
福江 高志(岩手大学工学部機械システム工学科 助教)

(PDF:1169KB)

【応急・復旧】首都直下地震に対応できる被災者台帳を用いた生活再建支援システムの実装
田村 圭子(新潟大学危機管理室 教授)

(PDF:7461KB)

【復興】復興の基幹建設材料となるコンクリートの長期耐久性を可能にする改質フライアッシュの技術開発
佐藤 嘉昭(大分大学工学部福祉環境工学科建築コース 教授)

(PDF:1114KB)

【復興】いのちを守る沿岸域の再生と安全・安心の拠点としてのコミュニティの実装
石川 幹子(中央大学理工学部  教授)

(PDF:2617KB)

(4)パネルディスカッション~防災研究開発の新たなパラダイムシフトとファンディング機関の役割~
モデレーター 泉 紳一郎

(PDF:69KB)

パネリスト 林 春男(JST・RISTEXコミュニティがつなぐ安全な都市・地域の創造 研究開発領域 領域総括/京都大学防災研究所 教授)

(PDF:513KB)

本藏 義守
(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)防災分野 研究主幹/戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)研究主幹/東京工業大学 名誉教授)

(PDF:294KB)

寺沢 計二(JST復興促進センター長)

(PDF:244KB)

渡辺 美代子(JST執行役)

(PDF:247KB)

(5)閉会挨拶 大竹 暁(JST理事) -