「21世紀の科学技術リテラシー」第3回シンポジウム開催報告

「21世紀の科学技術リテラシー」第3回シンポジウムの開催報告です。

「科学技術と人間」研究開発領域
21世紀の科学技術リテラシー 第3回シンポジウム

日時:2010年2月6日(土) 13:00~16:50
会場:ベルサール九段(東京都千代田区)
主催:(独)科学技術振興機構
社会技術研究開発センター(RISTEX)

科学技術が複雑に、より高度化する中で、科学技術の進歩に関わる専門家と一般市民の知識レベルは開いていく一方です。また、専門家は自分たちの研究成果が一般社会に直接大きな影響を与えるというまったく新しい「事態」に慣れておらず、戸惑いを隠せません。ところがこの「事態」に対応する科学技術の知識を養うには、これまでの理科教育や啓蒙活動では対応しきれないことも明らかです。
 そこでRISTEX(社会技術研究開発センター)の「科学技術と人間」研究開発領域では、科学技術に関わる人々が、「社会リテラシー」も含め、誰のリテラシーを誰のために向上するのかを明確にしつつ具体的に探り、提言し実行することを目的に、研究開発プログラム「21世紀の科学技術リテラシー」を開始しました。
 採択された全10件の研究開発プロジェクトのうち、6件はすでに昨年度研究を終了。今回は今年度研究開発を終了した4件の研究開発プロジェクトの成果報告とともに、プログラムの最終的な締めくくりの場としてシンポジウムを開催しました。 強風が吹き荒れる寒い土曜日、会場となった千代田区の「ベルサール九段」には180名を越えるご参加をいただきました。


会場のベルサール九段エントランス


たくさんの皆さまにご来場いただきました


有本建男センター長挨拶を行う有本建男
(社会技術研究開発センター長)

冒頭、有本建男・社会技術研究開発センター長による開会挨拶では、科学技術はこれから人文社会科学と連携して社会の問題解決を行っていかなければならないという機運が盛り上がりつつあり、異分野の学問や研究開発を融合する際に橋渡しをするシステムやコミュニケーションが求められていること、そのためにも「誰のための、何のためのリテラシーか」を根本的に明らかにしていかなければならない、という問題意識が提示されました。


土居範久氏

続いて村上陽一郎・領域総括(東京理科大学大学院教授)から領域の概要説明が行われました。その中で、「科学技術リテラシー」とはいったい何なのか、という問いに対する3つのアスペクトが示されました。

村上陽一郎・領域総括(東京理科大学大学院教授)

★科学技術リテラシーの3つのアスペクト
  • 21世紀の社会で一人一人の人間が生きていくにあたって、いろいろな局面で(例えばテレビで宣伝されているサプリメントを使うか使わないか、病気になった時に手術を受けるか受けないかなどの)決断をしなければならないとき、愚かな決断を避け、合理的な決断ができるようにするための「読み書きそろばん」のような基礎的な素養。
  • 民主主義社会における科学技術がらみの社会的な問題、例えばGMO(遺伝子組み換え作物)問題など、生活者に直接的に深く関わる性質を持ち、専門家だけに意思決定を任せておくわけにはいかない問題に一般市民が対応する能力。市民参加型の意思決定に一般の生活者が参画していくときに持つべき素養。
  • 人間が発展していく上で欠かせない科学技術の研究開発について、一般の人々が合理的なサポート役、または健全なreviewer、もしくはjury(判断役)になるための素養。

その後、各研究開発プロジェクトからの発表に移りました。 それぞれのプロジェクトは、科学技術にかかわる人々が、社会とのコミュニケーションをとるための能力である「社会リテラシー」も含め、誰のリテラシーを、誰のために上げるのかという点を明確にしつつ、具体的に探り、提言し実行した成果の発表を行いました。



大島まり氏大島まり氏(東京大学大学院情報学環 教授)

最初は大島まり氏(東京大学大学院情報学環 教授)による「先端研究者による青少年の科学技術リテラシーの向上」。青少年(中学生・高校生)を対象に、ブラックボックス化している科学技術を紐解き、社会における科学技術の役割を伝えることを目的として、研究者によるアウトリーチ活動のシステム構築を行いました。


出張授業で用いたレジュメ例

具体的にはロボットやデジカメなど身近な科学技術をテーマに、出張授業を中学・高校で実施。効果として生徒の科学技術学習への取り組みの向上が確認できた反面、生徒が科学技術リテラシーに対する興味や面白さなどの気持ちを長期(4~6カ月)にわたって持ち続けることは難しく、継続的な取り組みが必要ということがわかりました。


大島ポスタークリックすると拡大します

また、出張授業の受講生が理科好きな生徒に偏りがちであることから、理科に興味のない生徒の関心を高めることを狙いとして、通常の理科の授業で使用できる貸出教材とマニュアルを開発しました。
 プロジェクト終了後も出張授業と貸出教材を中心としたアウトリーチ活動を続けられるということですが、この取り組みを社会全体に広げていくために、研究機関や地域との連携、教育現場での受け入れ体制づくりが今後の課題であるとのことでした。


大塚裕子氏

二番目の発表は大塚裕子氏(財団法人計量計画研究所 言語・行動研究室 主任研究員)。「自律型対話プログラムによる科学技術リテラシーの育成」プロジェクトは、大学生の「対話力」を中心としたコミュニケーション能力を高めることを目的として、大学の授業「自律型対話プログラム」を研究開発しました。

大塚裕子氏
(財団法人計量計画研究所 言語・行動研究室 主任研究員)

大塚ポスタークリックすると拡大します

科学技術の分野における社会的な問題の解決や意思決定に参加するためには、「座学」で得る知識だけでなく、話し合いの場で話の内容を理解し、問題を発見・共有し、積極的に質問する能力、わかりやすく説明する能力などが必要です。
 このプロジェクトでは特に、ファシリテーターなどの支援者がいなくても当事者が直接話し合い、問題を解決する「自律型」の対話ができる学生を育成するためのプログラムを研究開発しました。
 具体的には「トランスサイエンス」をテーマに半期15回分のワークショップ型の授業プログラムを設計、複数の大学での実践を3年間にわたり行いました。また、授業シラバス、教材、授業設計のための事例集、教員用マニュアル、評価項目リストなどを作成、どこの大学でも実践できるようパッケージ化しました。
 今回の授業プログラムは学生向けのワークブックとして出版される予定であり、この成果を社会に広げていくためのワークショップの開催などを行っていくとのことです。


西條美紀氏
(東京工業大学留学生センター/統合研究院 教授)

三番目に発表を行ったのは西條美紀氏(東京工業大学留学生センター/統合研究院 教授)。「科学技術リテラシーの実態調査と社会的活動傾向別教育プログラムの開発」では、調査から人々の科学技術リテラシーを4つのタイプに分類し、タイプ別にリテラシー向上のためのプログラムを研究開発しました。


西條ポスタークリックすると拡大します

まず、全国規模の質問紙調査(全97問)を行い、1286名から回答を得ました(郵送調査)。因子分析の結果、「科学」「社会」「科学重視」の3つのリテラシー因子を抽出、科学知識量との相関を分析しました。すると科学知識量が多い人が必ずしも科学に対して肯定的ではないことや、社会への関心が高い人は科学への関心が低くても科学の社会的な役割についての理解が高いことがわかりました。次に3因子を用いてクラスタリングを行い、回答者を4つのリテラシータイプに分類。①全ての因子が高く知識量も多い「全方位タイプ」、②科学因子は高いが社会因子や科学重視因子はそれほど高くない「科学好きタイプ」、③全ての因子が中程度で社会因子がやや高い「生活重視タイプ」、④全ての因子が低く知識量も低い「無関心タイプ」です。もっとも人数が多いのは③の「生活重視タイプ」で特に女性が7割を占め、②の「科学好きタイプ」は逆に男性が7割を占めていて、若い年齢層が多いことなどもわかりました。
 次に、この質問紙の簡易版(10問で構成。クラスター一致率90%以上)を作成し、個別のイベントで実施したところ、一般向けの科学イベントでも来場者は「全方位タイプ」か「科学好き」に偏る傾向があることが分かりました。
 さらに、佐渡島、東京工業大学、東工大近隣小学校、広島市、掛川市などのフィールド調査を行い、各クラスター間のコミュニケーションを促すことによって、全体のリテラシーを向上させるプログラムを開発しました。佐渡島と東工大では、「科学好き」あるいは「全方位」タイプの理工系の研究者や学生が「生活重視」タイプの人々とコミュニケーションを取るために必要な場のデザイン能力とスキルを向上させるためのプログラムを実施し、東工大近隣小学校では、「生活重視」タイプの人もいる小学校の理科教育の支援実施。教員のスキルの向上と意識の変容を促すプログラムを実施しました。掛川市では、環境・エネルギーの問題に関するシンポジウム(900名強が参加)で簡易版質問紙調査をしたところ、出席者のクラスターの分布の割合が全国調査とほぼ同じ傾向になりました。環境・エネルギーの問題は、科学に興味のない人々にとっても関心事であることが示唆されました。


信原幸弘氏

最後の発表者は信原幸弘氏(東京大学大学院総合文化研究科 教授)。「文理横断的教科書を活用した神経科学リテラシーの向上」プロジェクトは、近年産業化が進展し一般市民の生活や社会に及ぼす影響が大きくなっている「脳神経科学」に焦点を絞り、①大学生の脳神経科学リテラシーおよび②脳神経科学者の社会リテラシー向上のための研究開発を行いました。

信原幸弘氏
信原幸弘氏(東京大学大学院総合文化研究科 教授)

制作した教科書

まず、大学生の一般教養の授業で使用する半期15回分の教科書とスライドを作成。通常の入門書のように体系的にまとめるのではなく、脳神経科学が一般市民の生活と社会にとって重要な関わりのある事項を調査・考察して項目別にまとめるという手法を取りました。

これらの教材をもとに、複数の大学で実際に一般教養科目として授業を展開、教材を改善していくとともに授業評価のためのアンケートを実施し、結果を分析しました。
 また、脳神経科学リテラシーとはそもそも何かを理論的に考察し、「一般市民と専門家の双方向的なコミュニケーションを成立させ、社会政策や人間観の構築を適切に行うのに必要な知識と技能」であり、「知識を批判的に吟味してその信頼性や有用性を知る『知識についての知識』」であると発表されました。


コーヒーブレイクと同時に行われたポスターセッションでは、各プロジェクトの開発した教科書やレジュメ等の具体的な成果物にも大きな関心が集まり、活発な意見交換が行われました。

エントランス
ポスターセッション 白熱した意見交換が行われていました

その後「共有する場」と題して行われた会場との討論は、科学技術振興機構・広報ポータル部 難波美帆の司会進行の下、塩瀬隆之氏(京都大学総合博物館准教授)、長神風二氏(東北大学特任准教授)の両ファシリテーターによる4名の研究代表者への刺激的な問題提起が行われるとともに、会場からの質問も多数いただき、活発な議論が交わされました。

難波美帆 司会
司会の難波美帆
(科学技術振興機構 広報ポータル部)
長神風二氏
ファシリテーターの長神風二氏
(東北大学脳科学グローバルCOE特任准教授)
塩瀬隆之氏
ファシリテーターの塩瀬隆之氏
(京都大学総合博物館准教授)


「共有する場」のひとこま

また今回は新たな試みとして「Ustream」でインターネット中継を行うとともに、「共有する場」において「Twitter」のコメントをスクリーンでリアルタイムに公開、ファシリテーターが議論に加えました。会場以外から数十名のアクセスがあり、海外からの閲覧もいただきました。

twitterのコメント
大スクリーンに映し出されたtwitterのコメント(語り手の後部右)

討論終了後、村上陽一郎・領域総括による閉会挨拶では、「本プログラムは終了するが、問題意識は終わったわけではない。どういう形で進めるかはともかく、今後も意識していくことが重要と考えている」という言葉でシンポジウムの幕が閉じました。

ご来場いただいた皆さま、長時間にわたり、本当にありがとうございました。


ご来場いただいた方のご感想を一部ご紹介します(一部抜粋)。
  • 「なぜそのプログラムを行うのか」ということを真剣に考えることは重要だと思います。従来から言われている問題点を鵜呑みにするのではなく、ニーズの調査からしっかりと行っているので内容を聞いていて非常に説得力がありました。私自身の今後の科学技術コミュニケーション活動を行う上でとても参考になると思います。
  • 研究の発表だけでなく実際に活用する上のヒントをいただいたと感じている。
  • 実際に行われた取り組みの現場の様子を見てみたかった。
  • このような場を継続的に持てたらいいですね。センターみたいなところがあって一般人も集まれると良いですね。若い先生方が多くてよかった。皆説明が上手でした。
  • 一般市民の科学技術リテラシーは、メディアの影響が大きい。メディアのリテラシーを高める必要がある。
  • 科学技術リテラシーを向上させ、日本全体の水準を上げるには、科学技術立国を標榜する日本の産業界との連携が不可欠と感じた。加えて受験目的の教育産業への理解や呼びかけも欠かせないと思う。
  • それぞれの研究成果をどう社会に定着させていくかが課題だと思う。
  • 成果物を手に取ることができたので、イメージが具体化できた。
  • ポスターセッションで、発表者と気軽に会話できたことは良かったし、発表をポスターで補完したのが面白かった。
  • Twitterの活用は、場を選ばないリアルタイム参加を可能にするだけではなく、議論を今後も継続するものになったと思う。
  • 会場からTwitter参加した。他の参加者との出会いの場にもなった。

関連資料

今回のシンポジウムの配布資料をご希望の方は、以下までメールにてお問い合わせ下さい。
   JST 社会技術研究開発センター 担当:若山(e2wakaya@jst.go.jp