問題解決型サービス科学研究開発プログラム 第6回フォーラム開催

第6回フォーラム「サービスイノベーションをどうデザインするか?」を開催いたします。

開催日時

2015年12月7日(月)10:00~16:40

会場

東京コンファレンスセンター品川 大ホール(東京都港区港南1-9-36 アレア品川5F)
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
港南口からコンコースを通り、2階入口よりお入りいただくと便利です
http://www.tokyo-cc.co.jp/access_shinagawa.html

開催趣旨

新たな価値の創造に向けて"サービスを科学する"、2010年にスタートした「問題解決型サービス科学研究開発プログラム」は、5年間の活動においてサービス科学の研究開発基盤を構築し、問題解決の具体的な技術や方法論を創出してまいりました。これらの成果は実際に活用され、社会に普及し始めました。今後サービスは社会をどう変えていくのか、成果がどのように貢献していくのか、その期待はさらに増しています。
本フォーラムでは、今後サービスにおいて期待される「サービスイノベーションをどうデザインするか?」というテーマで、皆様とともに議論を深めてまいります。
皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

プログラム

詳しくはこちら

10:00 開会挨拶
     プログラム紹介
      土居 範久 慶應義塾大学 名誉教授/プログラム総括

10:20 平成24年度採択プロジェクト成果報告
      村井 純      慶應義塾大学環境情報学部 教授
      中小路 久美代 京都大学学際融合教育研究推進センター 特定教授
      中島 秀之    公立はこだて未来大学 学長
      貝原 俊也    神戸大学大学院システム情報学研究科 教授
      戸谷 圭子    明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 教授

12:00 休憩

13:00 招待講演「行動観察がなぜイノベーションを起こすのか?-リフレームとマインドセット-」

     
松波晴人(まつなみ・はるひと)
大阪ガス行動観察研究所 所長
兼 株式会社オージス総研行動観察リフレーム本部 技術開発部長

1966年、大阪府生まれ。神戸大学工学部環境計画学科卒業、
神戸大学大学院工学研究科修士課程修了後、
1992年に大阪ガス株式会社入社。
基盤研究所に配属され、生理心理学、人間工学関係の研究活動に従事。
アメリカ・コーネル大学大学院にて
修士号(Master of Science)取得ののち、
和歌山大学にて博士号(工学)を取得。
2005年、行動観察ビジネスを開始。2009年に大阪ガス行動観察研究所を設立し、所長に就任。
著書に『ビジネスマンのための「行動観察」入門』(講談社)・『「行動観察」の基本』
(ダイヤモンド社)、編著書に『ヒット商品を生む 観察工学』(共立出版)がある。

14:00 講演1
      新井 民夫 芝浦工業大学教育イノベーション推進センター 教授/プログラム総括補佐

14:30 採択プロジェクト成果報告ポスターセッション

15:00 講演2
      原 辰徳 東京大学人工物工学研究センター 准教授/サービス学将来検討会委員

15:35 パネルディスカッション
モデレータ
村上 輝康 産業戦略研究所 代表/株式会社NTTドコモ 取締役/
サービス産業生産性協議会 幹事/プログラムアドバイザー

パネリスト
松波 晴人 大阪ガス行動観察研究所 所長/オージス総研行動観察リフレーム本部
技術開発部長 サービス学将来検討会委員

16:35 閉会挨拶

お申し込み

参加申し込みフォームはこちら

お問い合わせ

問題解決型サービス科学研究開発プログラム事務局
ss_jst_contact<at>ristex.jp (メール送付の際<at>を@に変えてください)