研究開発成果実装支援プログラム<成果統合型>より報告書公開

研究開発成果実装支援プログラム<成果統合型>プロジェクト「創発的地域づくりによる脱温暖化」(代表:宝田 恭之 群馬大学工学部教授)では、全国の自治体に対し、再生可能エネルギー導入の実態と意向調査を行い、報告書を1月22日に早稲田大学より公開しました。詳細は下記よりご覧ください。
(早稲田大学プレスリリース)再生可能エネルギー導入の実態と自治体意向調査 早稲田大・群馬大など