対立するリスクの対策を最適化するための合意形成支援ツール「多重リスクコミュニケータ(MRC)」の開発

「情報と社会」研究開発領域計画型研究開発「高度情報社会の脆弱性の解明と解決」の一環として、佐々木 良一(東京電機大学 未来科学部情報メディア学科 学科長・教授)らにより、「多重リスクコミュニケータ(MRC)」を開発いたしました。詳細はこちら。