HOME>>イベント・報道情報>>平成25年度シンポジウム>>開催概要・プログラム

「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」研究開発領域第2回領域シンポジウム


プログラム

平成22年度採択プロジェクト 成果報告シンポジウム(3月7日開催)

※本シンポジウムは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。
2月11日開催 第3回領域シンポジウムのプログラムはこちらをご覧ください。
13:30 – 13:50
開会挨拶・領域紹介
秋山 弘子(領域総括/東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授)
13:50 – 14:40
プロジェクト成果報告・ディスカッション・質疑応答①
『新たな高齢者の健康特性に配慮した生活指標の開発』発表資料(PDF:586KB)
鈴木 隆雄(独立行政法人国立長寿医療研究センター 研究所長)
14:40 – 15:30
プロジェクト成果報告・ディスカッション・質疑応答②
『在宅医療を推進する地域診断標準ツールの開発』発表資料(PDF:1,957KB)
太田 秀樹(医療法人アスムス 理事長)
15:30 – 15:40
休憩
15:40 – 16:30
プロジェクト成果報告・ディスカッション・質疑応答③
『ICTを活用した生活支援型コミュニティづくり』発表資料(PDF:993KB)
小川 晃子(岩手県立大学 社会福祉学部教授・地域連携本部副本部長)
16:30 – 17:20
プロジェクト成果報告・ディスカッション・質疑応答④
『セカンドライフの就労モデル開発研究』発表資料(PDF:1,867KB)
辻 哲夫(東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授)
17:20 – 17:30
まとめ・閉会挨拶
17:30 – 18:30
名刺交換会
別室にてプロジェクトとの交流の場を予定しています。ぜひお立ち寄りください。

イベント・報道情報