1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. 5/26 仲プロジェクト シンポジウム 「基礎研究から新たな実践へ:トラウマ記憶とアタッチメント」を開催します。《終了》

5/26 仲プロジェクト シンポジウム 「基礎研究から新たな実践へ:トラウマ記憶とアタッチメント」を開催します。《終了》

2018年04月23日

児童虐待の被害に遭った子どもたちへの支援では、様々な職種・立場の専門家が関わります。多種多様な背景、そして、専門性を持つ実務家がうまく連携・協働しながら子どもをサポートするためには、被害を受けた子どもの「心の状態」について理解し、知識を共有する必要があります。
本シンポジウムでは、心理学の研究領域における、アタッチメント研究、そして、トラウマ記憶研究の分野で活躍しておられる研究者に、最新の研究知見をわかりやすく紹介していただきます。

■開催概要

日時:平成30年5月26日(土)13:00-17:00(12:30開場)
場所:立命館大学茨木キャンパス AN210講義室 ★会場が当初の予定から変更になりました★
対象:検察官,警察官,弁護士,児童相談所職員,医療関係者, 臨床心理士(カウンセラー),
   教員, 保育士,家庭裁判所調査官,研究者 など
参加費:無料


※詳しい内容やお申込み方法は、以下URL からご確認ください。
 https://forensic-interviews.jp/news/?r=383


■主催

「多専門連携による司法面接の実施を促進する研修プログラムの開発と実装」プロジェクト
(仲プロジェクト)


 ■お問合せ:四天王寺大学 人文社会学部 准教授 田中 晶子
       E-mail:symposium0526@gmail.com