『可視化システム (無料)』でホントに使える!読みたい!報告書を見つけよう。(研究報告書可視化システム)

可視化システムとは

これまでにRISTEXが取り組んだ4つの社会的問題:「急速に進展する高齢化」「環境エネルギー問題」「子どもが巻き込まれやすい犯罪」「科学技術と社会の間に生じる問題」について、研究開発プロジェクトの成果を、視覚的に捉えられるようにしたものです。平成24年度以降に終了した研究開発領域について、終了報告書のテキストを分析し、高頻度で出現する単語を基に各プロジェクトの関連性を可視化しました。

『研究報告書可視化システム』を使ってみる(無料)

(クリックすると、全画面表示の別ウィンドウが開きます)

可視化:ホントに使える!読みたい!報告書

 


1.「読んでみたい!」報告書が見つかります。

 

報告書に高頻度で出現する単語から、報告書の要となるものを抽出し表示しています。興味のある単語をクリックすると、その単語に関係する内容の報告書が見つかります。

すぐ使う!


2. 関連する内容の報告書を探せます。

 

「単語」を橋渡しに、プロジェクト同士がつながっています。関連性の高い内容の報告書を、ひと目で簡単に探せます。

すぐ使う!


3. たくさんの報告書の、全体像がつかめます。

 

領域で実施された、すべてのプロジェクトを一望できます。抽出された単語群からプロジェクト間の関係を直感的に把握し、報告書の全体像を見渡すことができます。

すぐ使う!
 


4. 研究開発領域間の、相関関係がわかります。

 

下記の領域間相関図では、終了報告書に含まれる単語の出現頻度をもとに、研究開発領域間の関係性を示しました。◆の位置が近いほど関係が強く、離れるほど個性的な領域であることを示します。

 
 
 

領域の◆マークをクリックすると、領域別の画面が、全画面表示の別ウィンドウで開きます。

 
※『研究報告書可視化システム』はInternet Explorer8以前では正常に動作しません。
Internet Explorerのバージョンアップを行うか、他のブラウザでご覧ください。
【推奨環境】 Internet Explorer11以上, GoogleChrome最新版, Firefox最新版

領域間ネットワーク図