問題解決型サービス科学研究開発プログラム 【国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター】

トピックス

2016(平成28)年度「未来を共創するサービス研究開発の可能性調査(FS)」課題募集がはじまりました

問題解決型サービス科学研究開発プログラムでは、
平成28年度「未来を共創するサービス研究開発」の可能性調査(Feasibility Study,FS)の課題募集を開始しました。
募集要項・提案書等の詳細は、以下の社会技術研究開発センター(RISTEX)webサイトをご覧ください。
平成28年度戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)提案募集


当プログラムは、2010年の発足以来、サービス科学の研究開発基盤の構築、
さまざまなサービスに関する問題解決の方法・技術の創出に取り組んでまいりました。
今後はICTの活用が飛躍的に進展し、新たな価値を提供するサービスの創出が加速される
「超スマート社会」に至ると想定されます。

この超スマート社会の到来に向けて、さまざまな技術を開発、統合し、利用するだけでなく、
サービスの受け手となる生活者やサービスを提供する企業、公共団体など、
多様な関与者とともに、新たな価値を提供する「新サービスの創出」と、
サービス研究開発の基盤としての「サービスデザインの方法論の確立」に取り組む
研究開発プログラム構想を検討しています。

今回の可能性調査募集では、「未来共創型アプローチ」をキーワードに置きました。
本アプローチについて詳しくお知りになりたい方は、
下記URLから「未来を共創するサービス学を目指してサービス学将来検討会 活動報告書」を
ダウンロードしていただき、当活動報告書 第U部をご覧ください。
http://www.ristex.jp/servicescience/topics/pdf/houkoku2015.pdf

【募集期間】平成28年4月28日(木)〜平成28年7月13日(水)正午

【詳細情報】http://www.ristex.jp/examin/proposal.html

<概要>
■募集内容
 「未来を共創するサービス研究開発」の可能性調査(Feasibility Study,FS)
■実施期間
 実施期間:最長 6 ヵ月/件
■調査費
 上限 300 万円/件(直接経費)
■採択件数
 最大 10 件程度

★募集に関するお問い合わせ先
 JST 社会技術研究開発センター 企画運営室
 E-mail:ss-boshu@ristex.jp