ページトップ
本文

インフォメーション

分析ツール・参考文献等

国内外の分析ツール紹介等

エビデンスに基づく科学技術イノベーション政策の推進のための体系的なデータ・情報基盤の構築を進めています。
地域が自ら政策策定するためのデータとして、経済産業省から都道府県別の地域経済分析結果が公表されています。
2015年3月17日開講、MOOC形式(無料で好きな時間に学べます)
1回10分程度×4〜7回(4週)・各週の確認テスト付き
政府情報関連データの可視化サイトです。
統計だけでなく、可視化方法・ケーススタディ・国別概要表示なども備え、OECD諸国のイノベーション政策立案のために整備されつつある情報共有サイトです。
各府省の保有データを集めたサイトです。
経済産業省のデータポータルサイト(試行版)です。
発明者や特許出願人の居場所、共同発明者との相関関係を地図上に表示します。(山口プロジェクトの成果物です。)

産業連関分析ツールと使用例:
それぞれの目的に応じた産業連関分析の使い方や経済波及効果の算出例が紹介されています。
総務省統計局
・地域による分析指導(埼玉県 千葉県和歌山県宮崎県 の各例)
・国際産業連関表(JETRO
Excelでの具体的手順

JSTの提供する論文情報・特許情報などの分析ツールで、日本の大学の活動成果などを簡単に知ることができます。 米国関連事業の成果である分析ツールで、米国NSFやNIHの研究成果に見られるネットワークなどをグラフ化できます。 各国の科学技術を含む種々の指標に関するOECD統計を簡単にグラフ化できます。

参考文献

(一社)科学技術と経済の会が発行する「技術と経済」誌に、当プログラムと関連内容を連載の形で紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連情報