POLICY DOOR
メンバー

山縣 然太郎

プログラム総括

山縣 然太郎

やまがた ぜんたろう

山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座 教授

プロフィール:
1958年生。山梨医科大学卒業後、助手、山梨大学助教授を経て、1999年から現職。山梨大学大学院出生コホート研究センター長を兼任。日本公衆衛生学会理事。専門は公衆衛生学、疫学、人類遺伝学。健康日本21、健やか親子21、研究倫理指針、予防接種副反応検討、エコチル調査等国の各種審議会、プロジェクトに参加。ライフコース・ヘルスケアをキーワードに予防医学、情報利活用、先端科学と社会との接点を研究している。

ひと言:
インターネットは情報通信を一変し、遺伝子技術は農業や医療を新たなステージに導いた。一方で、革新的な科学技術が暮らしや社会をどのように変えたか。自然科学が解明した効能(efficacy)を社会科学が社会への効果(effectiveness)を評価し、人類を幸せにする社会実装をする。その融合をこの領域で実現したい。

森田 朗

RISTEX センター長

森田 朗

もりた あきら

津田塾大学総合政策学部 教授
東京大学 名誉教授

プロフィール:
1951年生。東京大学法学部卒業。千葉大学、東京大学(法学政治学研究科、公共政策大学院)、学習院大学で教鞭を執った後、2014年から17年まで国立社会保障・人口問題研究所所長。17年4月からは、津田塾大学総合政策学部教授。広く行政、公共政策の研究に従事するとともに、多数の政府審議会等にも参加。中医協会長も務め、医療政策、人口問題を中心に、よりよい政策形成のあり方について研究。

ひと言:
わが国には、優れた研究者、研究成果があるにもかかわらず、解決されない課題が多々存在する。これは、研究成果を課題解決、つまり政策策定に活かす方法が欠けているからだ。このような認識に基づき、研究と政策・実務の架橋に努めてきた。このサイトでぜひその成果を多くの方に知ってもらいたい。

「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」について

文部科学省が実施する「科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業」(SciREX事業) の一環として、「客観的根拠(エビデンス)に基づく政策形成の実現」という課題の達成に貢献し得る研究開発プロジェクトの公募、およびその推進とアウトリーチ活動を、プログラム総括のマネジメントの下実施している。

事務局は国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) の一組織である社会技術研究開発センター(RISTEX) 内に設置され、研究開発から生み出される成果や技術を、社会で実際に有効に活用できるものとして還元することにより、人々の生活を幸福で豊かにするという理念に沿った運営を行っている。

詳しくはこちら
プログラムWebサイト
採択PJの実施状況(報告書)と評価

黒河 昭雄

プログラム事務局

黒河 昭雄

くろかわ あきお

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
社会技術研究開発センター(RISTEX)
企画運営室 アソシエイトフェロー

プロフィール:
1985年生、山口県出身。東京大学公共政策大学院修了。東京大学政策ビジョン研究センター、明治大学国際総合研究所等にて医療政策、医療イノベーション政策の研究に従事したのち、2016年8月から現職。現在は、JST RISTEXにて科学技術イノベーション政策に関する公募型研究開発のファンディングプログラムを担当。「政策のための科学」の観点から、研究と政策現場をつなぐための取り組みを進める。

ひと言:
研究と政策現場をどうつなぐのか。せっかく優れた研究であっても、成果の届け方(受け取り方)がわからないばかりに、いわゆる死の谷を越えられないものが多々みられます。このサイトでは、優れた研究成果の一部をわかりやすく紹介することで、行政官や一般の方にも手を伸ばしてもらえるような場になればと思います。

杉浦 仁美

プログラム事務局

杉浦 仁美

すぎうら ひとみ

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
社会技術研究開発センター(RISTEX)
企画運営室 調査員

プロフィール:
1979年生、愛知県出身。東京大学教養学部文科三類→医学部健康科学・看護学科、同大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修了、修士(保健学)。家族看護学教室にて学校におけるメンタルヘルスを研究、看護師等医療資格も取得する。卒後は事務系キャリアを選択。社長秘書等経営に近い部門での管理事務を中心に従事、2017年2月から現職。前職でマーケティングに携わった経験から、このサイト制作のチーフを務める。

ひと言:
やりたいと思っても、やらせてもらえなかったり、やり切ることができなかったりするこの世の中で、まずやり切れたこと、感謝で胸がいっぱいです。たくさんの関係者の方々の絶妙なコラボレーションで完成したこの扉。あなたもぜひ開けてみて、イノベーションへの一歩を踏み出してみませんか?

藤田 正美

プログラムアドバイザー/エディター

藤田 正美

ふじた まさよし

フリージャーナリスト

プロフィール:
1948年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。週刊東洋経済で記者・編集者として14年間修行。1985年、ニューズウィーク日本版創刊事業に従事し、1994年から2001年まで編集長を務めた。1995年には阪神淡路大震災やオウム真理教事件に遭遇し、ニューズウィーク本誌と連携しながら誌面づくりに挑戦。2004年よりフリージャーナリストとして活動する。

ひと言:
この10年ほどの目標は、アカデミズムと一般社会をつなぐことです。研究成果をいかに分かりやすく発信するか、社会の側からアカデミズムにどうフィードバックできるか、試行錯誤を重ねています。このサイトが社会的な課題の解決の一助になることを目指しています。

北川 潤之介

クリエイティブディレクター

北川 潤之介

きたがわ じゅんのすけ

一般社団法人ガラパゴス・トーキョー・ジャパン 代表理事

プロフィール:
1957年生。東京薬科大学卒業。コピーライター、クリエイティブディレクター、戦略プランナーとして、マーケティング&コミュニケーションの分野で活動。21世紀になってからは、ヘルスケア領域を主軸として活動し、クリエイティブの国際コンペティションの審査員なども務める。2016年、一般社団法人ガラパゴス・トーキョー・ジャパンを設立し、「人生と響き合うヘルスケア」をスローガンに活動を展開中。

ひと言:
いくら重要な事実があっても、伝わらなければゼロに等しくなってしまいます。
「何を言うか」はもちろんですが、「どう言うか」にこそ「伝える力」は宿ります。コミュニケーションの専門家として、「伝える」こと「広がる」ことにこだわってサイトづくりをしていきたいと思っています。

Webデザイン制作:株式会社デザインスタジオ・リズム

柏木 龍馬

写真

柏木 龍馬

かしわぎ りょうま

写真作家・作画監督

プロフィール:
1976年生。写真家 奥村嘉邦に師事。Newsweek日本版カバー写真にてデビュー、フォトジャーナリストとしてキャリアを開始。 NATIONAL GEOGRAPHIC日本版写真家を経て、パリのギャラリーLWSと専属作家契約。2014年以降、作品発表及び展示は全てライカ社のサポートにより行われる。またWEC世界耐久選手権の公式フォトグラファー。ドキュメンタリーを得意とする。作画テーマは「美しく儚い」

ひと言:
ハイスピードメディアの時代に入り、写真や映像は純粋な情報伝達という旧来の役割から反射神経で感じ取るメディアへと変わっている。それは分野を問わず時代の変容による社会的な視覚伝達の発展を示し、また文字との隔離を意味する。単なる事象を積み上げる以上の価値を示すことができる画。これからの作画演出は、伝達という第一義をさらに加速させるものだ。