ページトップ
本文

プログラムについて

プログラム総括より

プログラム総括:森田 朗

プログラム総括 森田 朗
津田塾大学総合政策学部 教授
東京大学 名誉教授

近年、我が国は、巨額の財政赤字、少子高齢化と人口減少等の多岐にわたる社会的課題に直面しています。加えて、東日本大震災は原子力安全をはじめ新たに様々な課題を投げかけました。こうした社会的課題を解決するとともに、我が国が今後も経済成長を実現していくためには、科学技術の振興を図り、その成果を活用し、これを社会に実装していくことが必要です。

しかしながら、これまでの科学技術イノベーション政策においては、充分な客観的根拠なしに研究開発投資が行われたり、基礎的な研究に基づく優れた知見を得ながらも、それを有効に活用して社会的課題を解決することができなかったり、あるいは、優れた政策アイディアを生み出しながらも、それが社会に理解されず受け容れられなかったケースが少なからずありました。こうした状況を生み出した主たる原因として、そもそも、科学技術イノベーション政策を創るための、それ自体客観的根拠に基づく明確な方法が存在していなかったことが考えられます。

現代社会における多様な課題に対応するには斬新な技術開発が不可欠であり、積極的にこのフロンティアに取り組むことが前提となりますが、いかに優れた技術開発といえども、現実に活用されなければその効果を持ちえません。社会への技術導入には、それを可能にする有効な政策が必要です。

そこで、平成23年度に科学技術イノベーションをもたらす政策を「客観的根拠(エビデンス)」に基づき科学的方法によって策定するための体系的知見を創出することを目的として、「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」をスタートさせました。当プログラムでは、特に以下の点を重視しています。

第1に、エビデンスに基づく政策形成です。従来はどちらかといえば、経験や勘に頼った課題選択や投資決定が行われてきたきらいがありますが、それを改め、科学的に政策決定を行うためには、しっかりとしたエビデンスに基づく議論をすることが大切です。

第2に、基礎研究のみならず政策への実装可能な形態の成果です。特に、この観点からは、開発された技術を社会に導入する政策を担う「人材」が重要です。社会において様々なステークホルダーが存在する中で、政策を主張するためにしっかりとした理論武装をし、目標を見失うことなく全体を俯瞰的にマネジメントできる人材の育成と結びついた研究が必要となります。

このように、政策形成とその実装を担う人材育成をセットとして研究開発することにより有効に社会的課題に対処する点こそ、この「科学技術イノベーション政策ための科学」の特徴であると考えます。

平成23年度の採択状況を見るに、政策形成において社会との合意形成を促進する手法を開発するものから、多様な研究成果の繋がりを解明するもの、そして、特定の技術を対象として研究開発投資の社会経済的影響を捉えようとするものまで、すでに様々なプロジェクトが動き出しており、本プログラムを支えるモデルとなることが期待されます。いま、社会からの「科学技術イノベーション政策のための科学」に対する期待と関心は高く、今後の発展的な展開が望まれております。積極的なご意見と共に、本プログラムに貢献する優れたアイディアをもとにしたプロジェクトが提案されることを期待しています。

プロフィール

1951年
神戸市生まれ
1976年
東京大学法学部卒業 同学部助手
1981年
千葉大学法経学部助教授
1993年
同教授
1994年
東京大学大学院法学政治学研究科教授
2004年
東京大学公共政策大学院(大学院公共政策学連携研究部・教育部)教授
2004年〜
08年3月
同大学院院長(連携研究部・教育部部長)
2005年〜
09年3月
総長特任補佐
2008年7月〜
10年7月
東京大学政策ビジョン研究センター長
2010年4月〜
 東京大学大学院法学政治学研究科教授・公共政策大学院教授併任
2010年8月〜
 東京大学政策ビジョン研究センター学術顧問(シニア・フェロー)
2011年4月〜14年7月
 厚生労働省中央社会保険医療協議会会長
2012年4月〜14年3月
 学習院大学法学部教授
2014年4月〜17年3月
 国立社会保障・人口問題研究所所長
2014年4月〜
 津田塾大学総合政策学部教授

関連リンク

森田朗(個人のホームページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加