ページトップ
本文

プロジェクト紹介

イノベーション実現のための情報工学を用いたアクションリサーチ

研究代表者

プログラムアドバイザー:梶川 裕矢
梶川 裕矢
東京工業大学環境・社会理工学院 准教授


プロジェクトの目標

  • 研究開発動向の把握と萌芽的研究領域の抽出
  • 複数研究領域の関連性分析による革新的研究開発課題の設計
  • 萌芽的・革新的研究領域の産業展開可能性の評価
  • ビジネスエコシステムの構造分析
  • ビジネスエコシステムの設計と評価

プロジェクトの概要

 研究開発プログラムやプロジェクトの立案・実施は、急速に発展・変化する世界の研究開発動向を踏まえて行う必要がある。また、研究開発の初期段階から、社会導入を促す制度設計やビジネスエコシステムの構築を視野に入れる必要がある。

 本プロジェクトでは、情報工学の手法を用いた論文・特許データの分析、ならびに、ビジネスエコシステムの調査や設計を行う。これにより、革新的な研究開発テーマの設計、産業応用可能性の評価、ビジネスエコシステムや政策・制度の設計支援を行うことを目標とする。さらに、他の研究開発プログラムとの協働によりアクションリサーチとして実施することで、イノベーションの実現を目指す。

 具体的には、リンクマイニングやテキストマイニングを用いた研究開発動向の把握や萌芽的研究領域の抽出、複数研究領域の関連性分析による革新的研究開発課題の設計、萌芽的・革新的研究領域の産業展開可能性の評価、ならびにそれらを支援するための方法論の開拓を行う。また、萌芽的技術等の開発と商業化に関わるステークホルダー(アクター)を抽出し、当該技術や想定される製品・サービスが既存の技術システム・産業システムに導入される際に各アクターの取り得る意思決定(行動)や相互依存性を分析する。さらに、エコシステムの構造を類型化し、それぞれの類型について各アクターの取り得る便益等を理論的に解析する。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロジェクト紹介