第2回「チームサイエンスの科学の日本での推進 × ハテナソン」開催

フライヤー 日時・会場

2018年1月15日 (月) 13:30~17:30 (開場13時)

東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザB1大会議室
地図

お申込・定員・参加費

お申込サイトはこちら。
(お申込締切日 2018年1月11日 (木) )
定員:約30名 (先着順)、参加費:無料

プログラム詳細は、フライヤーをご覧ください。


開催趣旨

ここ20年、チームベースで行う研究活動(チームサイエンス)に対する大規模・戦略的な投資が増える中、チームサイエンスの科学(Science of Team Science/ SciTS)が注目を集めている。SciTSとは、実証的根拠に基づきチームサイエンスに対する研究開発、人材育成、実施支援を行い、チームサイエンスの効果・効率の最大化、科学的・社会的インパクトの解明、アカデミアの構造変容を目指す学際的教育研究分野である。日本では、SciTSが扱う課題への関心が高い。しかしながら、SciTSのような横断的・実証的・応用的な取組はまだ見られない。
このような状況下、本企画では、SciTSとはどのような学術分野であるを紹介し、多様な参加者と一緒にハテナソン(質問を創るワークショップ)を通じて、日本におけるSciTSの推進を探求する。

対象者

チームサイエンスや分野融合、人材育成、R&Dマネジメント・評価などに関心等を持つ研究者、実践者、教育者、支援者、助成者、政策策定者、事業者の方、等々

主催者

科学技術振興機構・社会技術研究開発センター (RISTEX)
(任意団体)チームサイエンスコモンズ (TSC)